みののグルメ


美濃町家 Mam's

 ☎  0575-35-0073 📍 美濃市加治屋町1992-1 ⏱ 10:30-18:00 ㊡ 日・月 

 

【真心込めて焼く、もちもち食感の米粉パン】

 

『美濃町屋Mam’s』の店内にズラリと並ぶのは、こだわりの米粉を使い、素材の味を活かして焼き上げた絶品のパン。「食べたら優しい気持ちになれるようなパンを作りたい」という店主が手間ひまかけて作る米粉パンは、もちもち食感で多くの人を魅了しています。懐かしい古民家風の店内にはイートインスペースもあり、開店後すぐに満席になるほどの人気店。好きなパンにドリンク、デザートが付くセットがおすすめです。



御菓子司 此の花亭

 ☎  0575-33-0350  📍 美濃市常磐町2476-3  ⏱ 9:00-19:00  ㊡ 水(祝日の場合は営業) 🔗 WEBサイト

 

【妥協しない原材料を使用した絶品和菓子】

 

観光ふれあい広場駐車場の前に構える『御菓子司 此の花亭』は、美濃の銘菓から季節の生菓子まで、多彩な和菓子がずらりと並んでいます。中でもお土産におすすめなのは、美濃市土産菓子コンテストグランプリを受賞した、チョコレート風味のくるみ入り饅頭「うだつが上がりますように(1個180円)」美濃名物の「たらちね(1個180円)」は、もち米の食感を残した柔らかなよもぎ餅で、北海道産小豆を使用した自家製のつぶ餡を包んだ逸品です。



Cafe + Bar Ricca

 ☎  0575-36-5407  📍 美濃市常磐町2301-4  ⏱ 10:00-17:00(金・土のみ 18:00-LO23:00)㊡ 月・火

 

【いつ訪れても楽しめる街角のカフェ&バー】

 

2019年8月にオープンした古民家を改装した店内で、ゆったり会話を楽しむ『Cafe + Bar Ricca』「身体に優しい食」をモットーに、こだわりの手作り料理が味わえます。ドリンク付のランチ(1,200円)のほか、14時からのアフターヌーンティーには、プラス400円で好きなドリンクにケーキ2種と季節のアイスが付くセットもあり、土日限定で食べられるローストビーフ丼も人気。朝からお酒が飲めるのも魅力です。

 



割烹 朝田屋

 ☎  0575-33-0078  📍 美濃市常磐町2263-3  ⏱ 11:30-14:00  17:00-23:00 (夜は完全予約制)㊡ 月・火 🔗 WEBサイト

 

【四季を五感で味わう店】

 

大正8年創業の『割烹朝田屋』は、うだつの町並みにあるむくり屋根が目印。季節ごとに変わるランチ(1,650円)をはじめ、3,300円から選べる会席(要予約)など、敷居が高いと思われがちな会席料理を気軽に楽しめるお店です。歴史薫るみのまちで、手作りの本格和食を食べたいなら、ぜひ訪れてみてはいかがですか。 



えっきょう

 ☎  080-2635-0450  📍 美濃市魚屋町2209  ⏱ 9:30-17:00  ㊡ 木

 

【みのまちの小さなお菓子屋さん】

 

メイン通りを外れた場所に突如現れる、かわいいケーキ屋さん。ショーケースに常時約10種類が並ぶケーキは、どれも小ぶりなサイズで150円~410円と価格もリーズナブルなので、ついつい何種類も手が伸びてしまいます。焼き菓子も15種類と豊富なラインナップで、中でも「美濃めぐり」は美濃市土産菓子コンテストで激励賞を受賞しています。お土産探しにもピッタリのお店です。 

 



山水本店

 ☎  0575-33-0358 📍 美濃市本住町1902⁻2   ⏱ 11:00-15:00   17:00-21:00  ㊡ 月・火・水 🔗 WEBサイト

 

【100年変わらない美濃ゆかりのダシの味】

 

大正元年の創業から100年以上、地元で愛される『山水本店』。創業当初から味を守り続けるダシを活かした、麺類や丼物、揚げ物、各種定食など、家族で楽しめるメニューが人気です。注目は、甘辛く味付けした牛肉と糸こんにゃくを、半熟卵とうどんに絡めて食べる「牛なべ」。味噌煮込みうどんなどの麺類から好みのものを選べる日替わりの平日ランチ(990円)や、土日セット(1,150円)も人気です。 

 



みの団子あかり

 ☎  0575-33-4099 📍 美濃市泉町1877  ⏱ 10:00-17:00  ㊡ 月~金(土日祝のみ営業) 🔗 WEBサイト

 

【休日限定オープンのこだわり団子屋】

 

『みの団子あかり』は、休日限定で開店する団子屋。米粉100%の団子は、もちもちで冷めてもおいしく、しょうゆ・あまだれ・みそ・よもぎの4種類から選べます。無添加・自家製味噌を使った五平餅もあり、どちらもテイクアウト可能。注文を受けてから焼き上げるため、待っている間はしょう油や味噌が焼ける香ばしい匂いがたまりません。隣のイートインスペースでは、好きな団子2本とコーヒーか抹茶を楽しむセットもあります。

 



ファラールヤマタカ

 ☎  0575-33-0074 📍 美濃市俵町2124  ⏱ 7:00-20:00  ㊡ 元日 

 

【100年以上愛される素朴なパン屋】

 

地元にある高校で昼の販売を行うなど、古くからのみのまちで愛されてきた老舗のパン屋。「ラスク(1枚35円)」や「ヤマタカ特製食パン(594円)」など、お値打ちな人気パンはもちろん、駄菓子やドリンク、野菜まで、幅広いラインナップが揃い、老若男女問わず訪れる人を楽しませてくれます。おすすめの「ミルクフランス(140円)」は、香ばしいソフトフランスパンに粒あん&ホイップがよく合い、品切れ必至の一品です。

 



喜楽精肉店

 ☎  0575-33-1258 📍 美濃市俵町2147  ⏱ 8:00-18:30 ㊡ 日(イベント時は月も定休の場合あり) 

 

【地元に根付く昔ながらの精肉店】

 

昭和20年創業の『喜楽精肉店』は、地域の人に愛されるお肉屋さん。子供からお年寄りまで幅広い世代に人気の看板商品「うだつコロッケ(100円)」は、先々代から受け継がれるどこか懐かしい味わい。ホクホクのじゃがいもと甘い玉ねぎに、岐阜県が開発した「ボーノポーク岐阜」と飛騨牛の旨味が染み込んで、冷めてもおいしいのが魅力です。ぜひソースをかけずに、地元に愛され続ける味を堪能してください。

 



coffee shop Western

 ☎  0575-33-1258 📍 美濃市俵町2147  ⏱ 8:00-18:30 ㊡ 日(イベント時は月も定休の場合あり) 🔗 WEBサイト 

 

【楽しいトークとともにいただく上質なコーヒー】

 

2021年6月に旧須田万衛門邸にオープンしたコーヒー店。店主が厳選したコーヒー豆を自家焙煎し、誰でも簡単に美味しく抽出できることを再現するため「ペーパー式ハンドドリップ」にこだわって実演抽出しています。また、自宅でも美味しいコーヒーを楽しめるようにコーヒー教室も一名様から開催。ペット同伴できるテラス席も用意されているので、ワンちゃんと一緒にどうぞ。ホットコーヒー500円、アイスコーヒー600円、他ドリンクあり。

 



茶房とみや

 ☎  0575-33-4827 📍 美濃市泉町1877  ⏱ 13:00-18:00(土日祝は10:00~LO 17:30) ㊡ 水 🔗 WEBサイト

 

【うだつを眺めながら、甘味で一服】

 

築180年の古民家カフェ『茶房とみや』和菓子屋が営む甘味処で、本格的なスイーツが味わえます。おすすめは、もちの中に生クリーム、あんこ、わらび餅が入った贅沢な大福が味わえる「抹茶・大福セット(620円)」。また、黒糖きなこをつけていただく、ぷるぷる&もちもち食感のわらび餅もイチオシです。夏季に人気なのがかき氷。特に、わらび餅がのった「わらび氷」は、並んでも食べたい大満足の一品です。

 



御菓子所 小川屋

 ☎  0575-33-0029 📍 美濃市俵町2155-2  ⏱ 8:30-19:00 ㊡ 無休

 

【美濃の歴史をお菓子に込めて】

 

1830年創業の老舗『御菓子所 小川屋』。観光客にも人気なのは、目の前で「美濃の若鮎やき(餅とあんこ、草餅の2種)」や「うだつ絵巻(つぶあん、ようかん、白あん、チーズ、餅とあんこ入りの5種)」に焼印する様子が見られる実演販売。明治・大正・昭和の貴重な写真が並ぶ店内で、元気な大将から昔の美濃について聞きながら、まちに刻まれた歴史を感じることができます。出来立ての和菓子を片手に、まちを散策してみては。

 



居酒屋 市

 ☎  0575-35-0295 📍 美濃市俵町2-18-37  ⏱ 17:30-23:00  ㊡ 火

 

【ボリュームある手作り料理が自慢】

 

創業から38年、「生まれも育ちも美濃」という女将が切り盛りする『居酒屋 市』は、通りにぼんやりと灯る赤提灯が目印。ここでしか聞けない女将の話に耳を傾けながらいただくメニューは、300円からとリーズナブルで、ボリューム満点の手作り料理が揃います。中でも居酒屋市特製の「ブラックチャーハン(500円)」は、こだわりのあらびきソーセージが入って、にんにくがしっかり効いたパンチのある味わいです。

 



末広堂 美濃アイス

☎  0575-33-0044 📍 美濃市俵町2636  ⏱ 9:00-19:00(11~3月は~18:00まで) ㊡ 火 🔗 WEBサイト

 

【体にやさしい「自然味覚」のアイスもなか】

 

「美濃愛す」から名付けられた店名で、創業から60年以上、地元から愛される店。高山産のもち米を100%用いたもなか(柿と桜に使用)をはじめ、国産原材料を厳選し、添加物の不使用・低カロリーにこだわった体にもやさしいアイスは、真空パックで素材本来の風味をとじ込めています。味はバニラ、小豆、抹茶、柿、桜、きな粉の6種類で、どれもあっさりした爽やかな味わい。冬季限定のスイートポテトやぜんざいもおすすめです。

 



島屋食堂

☎  0575-35-1109 📍 美濃市上条61-6  ⏱ 11:30-14:30(LO14:00)17:00-21:00(LO20:30)※土日祝は11:30-21:00(LO20:30)㊡ 木・不定休(祝は営業)

 

【美濃のB級グルメといえばココ!】

 

リーズナブルで、誰でも気軽に入りやすい雰囲気がうれしい『島屋食堂』。美濃を代表するB級グルメの店として、テレビでも取り上げられています。一番人気は、「とんちゃん(400円)」。肉メニュー以外にも、丼や麺類、サラダ、デザートなど、豊富なラインナップが揃います。夏季はバーベキューで使用するお肉をテイクアウトすることもでき、大好評。全国宅配の電話注文も可能なので、遠方でもこのおいしさを自宅で味わえます。

 



LUOGO COFFEE&CRAFT

📍 美濃市上条61-6  ⏱ 14:00-18:00  ㊡ 不定休 🔗 WEBサイト

 

【テイクアウトコーヒーとクラフトを楽しんで】

 

築95年の元薬局を改装した店内は、随所に残る昔の面影を懐かしみ、観光客はもちろん、多くの地元客も足を運びます。人気のテイクアウトコーヒーは「イタリア食堂DONIDONI」のオリジナルブレンド「うだつ珈琲」を1杯350円で販売。注文を受けてから、バリスタがこだわりの三投式で淹れてくれます。ギャラリーがある店内では、ハンドドリップコーヒー講座も定期的に開催されています。

 



蕎麦茶屋まきぼう

☎  0575-46-8439 📍 美濃市曽代2023  ⏱ 11:00-14:30  ㊡ 火・第四月

 

【美味しいお蕎麦と心地よい音楽の一時を】

 

ウッドスピーカーから流れる心地よい音楽を聞きながら、食事が楽しめる『蕎麦茶屋まきぼう』。山形県産の蕎麦粉を用いた蕎麦はコシがあり、蕎麦つゆも甘さが控えめで、思わず箸が進みます。おすすめは、大海老・野菜の天ざる蕎麦や、海老2尾がのったえび天蕎麦、げぞ天蕎麦。大きくてサクサクの天ぷらは、味はもちろん写真映えがすると人気です。木・金曜日限定の「蕎麦定食(1,100円)」も、ボリューム満点の注目メニューです。

 



郡上屋

☎  0575-33-0238 📍 美濃市広岡町2631  ⏱ 11:30-13:30 、17:30- ㊡ 水 🔗 WEBサイト

 

【職人が腕を振るう老舗料理店】

 

老舗の本格的な味を堪能できる『郡上屋』。昭和3年の創業から昔の駅前通り沿いにお店を構え、地元で親しまれています。イチオシはリーズナブルなランチ。刺身、煮物、味噌汁、漬物、フルーツが付く「天丼(990円)」のほか、ランチの定食が豊富です。食材選びにこだわる四代目店主が、旬の魚を吟味する鮮魚の造りもおすすめ。サクサクの天ぷらや、黒毛和牛を使った牛すき焼き、会席料理など、職人技が光る和食も楽しめます。

 



インド&ネパール料理の店 プラシッダ

☎  0575-35-3337 📍 美濃市上条61-3  ⏱ 11:00-15:00(LO14:30) 、17:00-22:30 ㊡ 年末年始 🔗 WEBサイト

 

【本場のカレーにナンとご飯が食べ放題】

 

ネパール出身の店主が7年前にオープンした『インド&ネパール料理の店プラシッダ』。36種類が揃う本場仕込みのカレーは、辛さを激甘から激辛までの6段階から選ぶことができます。ランチ・ディナー問わず、ナンとご飯がおかわり自由なので、腹ペコさんにはピッタリ。さらにカレーとナンを頼むと、サービスでミニサラダが付いてきます。ディナーセットにプラス275円で変更できる、チーズナンも絶品です。

 



美濃まちかどイタリア食堂 DONI DONI

☎  0575-36-2600 📍 美濃市俵町2122  ⏱ディナーのみ 17:30- ㊡ 不定休 🔗 WEBサイト

 

【大切な人と行きたくなる完全予約制のイタリア食堂】

 

岐阜市内で15年間イタリア食堂を営んでいたオーナーシェフが、築90年の古民家を改装し、イタリア食堂をオープン。「体に優しいイタリアン」を信条とした料理は、地元野菜をたっぷり使用。自然派ワインも取り揃えており、夏には天然鮎のコース、冬にはジビエのコースも楽しめます。完全予約制の貸切レストランなので、記念日にもおすすめ。

 




湖月

☎  0575-33-0432 📍 美濃市魚屋町2183-1  ⏱ 17:00-22:00(土日は1:30-13:30、17:00-22:00)㊡ 木

 

【日本酒とともに愉しみたい寿司と空間】

 

創業70周年を迎える寿司屋『湖月』。カウンターとテーブル席を備えた、シックで落ち着いた雰囲気の店内で、市場で仕入れた鮮魚と岐阜県産のハツシモを使用した、極上の寿司をゆったりと楽しめます。土日限定のランチは、先付、焼き物または揚物、海鮮ちらし丼、茶碗蒸し、デザートが付く充実の内容で、1,200円とリーズナブル。夜は日本酒と一緒に、1貫100円から味わえる寿司や新鮮な刺身、一品料理をどうぞ。

 



居酒屋 藤

☎  0575-35-1173 📍 美濃市俵町2129-2  ⏱18:00-23:00(土は17:00-)㊡ 月・火・水・日

 

【木・金・土のみ営業のアットホームな居酒屋】

 

うだつの町並みを照らす大きな提灯が目印の『居酒屋 藤』。常連客はもちろん、一見さんも温かく迎えてくれます。おつまみから串物、刺身、モツ鍋など豊富なメニューの中でも、特におすすめは本場熊本から直送の新鮮な「馬刺し」。種類も豊富で運が良ければ「桜レバ刺し」など、希少部位に出会えることも。熱々トロふわの「山芋鉄板(ねぎポン酢風・お好み焼き風の2種)」も人気です。おいしい食で、夜の美濃を堪能してください。

 



御料理・仕出し 八幡屋

☎  0575-33-0065 📍 美濃市俵町2640-1-2  ⏱11:30-14:00、17:00-21:00  ㊡ 不定休 🔗 WEBサイト

 

【お座敷から庭園を愛で、老舗の味に舌鼓】

 

創業から100年以上の伝統を持ち、どっしりとした赤い漆喰壁の門構えが歴史を感じさせる『御料理・仕出し 八幡屋』。静かで落ち着いた雰囲気のお座敷からは、手入れの行き届いた日本庭園を眺めることができます。地産地消にこだわった旬の食材を使い、四代目店主の技が光る料理は、昼午前が1,500円、夜の会席は3,500円から。美しい庭園を見ながら、一品一品真心込めた料理を心ゆくまで堪能してください。

 



焼肉の陣屋

☎  0575-35-2100 📍 美濃市米屋町2644-1  ⏱16:00-22:00  ㊡ 月(祝の場合は翌日)

 

【秘伝のタレが飛騨牛と絶妙にマッチ】

 

飛騨牛がお値打ちな価格で楽しめると、遠方からも多くの人が来店する『焼肉の陣屋』。おすすめは、ロースとカルビが味わえるAコース(3,200円)と、上ロースと上カルビが楽しめるBコース(4,200円)の2種類が選べるコース料理です。店主が仕入れるこだわりの飛騨牛と合わせるのは、8種類の厳選素材を使い、10年かけて考案したオリジナルのタレ。秘伝のタレを絡めた上質な飛騨牛を頬張る、贅沢な時間を堪能できます。

 



BAR EST

☎  0575-36-5437 📍 美濃市俵町2102  ⏱11:30-15:00(LO14:30)18:00-ラストまで  ㊡ 水(臨時休業あり)

 

【非日常を味わう大人の空間】

 

 「外食で非日常を味わってほしい」という想いが詰まった、オシャレなバル。歴史ある町並みに溶け込みつつも、スタイリッシュで大人な空間が目を引きます。美濃出身の店主が、お客様のリクエストに応えながら提供するカクテルは、60種類以上(600円~)。「本日のアヒージョ(700円~)をはじめ、自家菜園や地元農家の新鮮な旬の野菜を使って季節感を大切にした料理も豊富で、思わず箸もお酒も進みます。

 



レストラン鶴

☎  0575-33-0398 📍 美濃市上条1306 ⏱ 9:00-22:00  ㊡ 月

 

【満腹間違いなし!ボリューム満点の豊富なメニュー】

 

 約50年続く『レストラン鶴』は、ボリューム満点のメニューがずらり。濃厚ソースともちもちの麺が絡み合うナポリタンスパゲティ(卵付き800円)、豚ロースを味噌ダレで香ばしく焼いたみそテキ定食(1,400円)など、食欲をそそるメニューが並びます。昔変わらぬ味を守りながら、副菜に季節の野菜を取り入れ、旬の味を楽しめるようにも工夫。さらにモーニングやティータイムメニューも用意しています。

 



はくろ

☎  0575-35-2080 📍 美濃市松森595マツモリビル1階 ⏱ 11:30-14:00(LO13:30)17:00-21:00 ㊡ 水・第三木 🔗 WEBサイト

 

【お酒もすすむ、絶品創作メニュー】

 

 京都で長年修行を積んだ店主が、出汁や素材の味を大切にする京スタイルはそのままに、自由な発想で作る創作メニューの数々。京都・老舗豆腐屋の特徴的な長~い油揚げを使った「あげピザ(600円)」は、洋風に仕上げながらも豆腐の旨味と甘さを堪能できる一品です。他にも人気のだし巻きをはじめ、新鮮なお造りや天ぷらなどの揚げ物、さらには〆のラーメン・・・とそそられる豊富なメニューに目移り必至!

 



御料理・弁当 ふるさと

☎  0575-35-0298 📍 美濃市千畝町2762-18 ⏱ 11:30-LO 13:15 ※夜は事前予約の場合のみ営業 ㊡ 不定休

 

【四季の美しさを五感で味わえるお店】

 

 季節を五感で感じてほしいと旬の恵みを贅沢に使用した、盛り付けも美しい料理が幅広い世代に愛される『ふるさと』。季節感と同様に出汁にもこだわり、どの料理も滋味豊かな香りと味わいを楽しめます。品数豊富で彩り豊かなおまかせランチ(1,200円)や夜のミニ会席(3,300円~)等が人気。予約必須のメニューもあるため、お問い合わせしてからの来店がおすすめ。駐車場を8台用意しているので、車での来店もお気軽に!

 



甚五郎寿司

☎  0575-35-0638 📍 美濃市相生町2486-1 ⏱ 11:00-14:00、16:30-22:00 ㊡ 木 🔗 WEBサイト

  

【お値打ちなメニューがうれしい寿司屋】

 

 観光駐車場からほど近い『甚五郎寿司』。寿司御膳(1,300円)、海鮮丼(990円)、いくら丼(990円)、焼き穴子丼(990円)、鉄火丼(1,250円)、上海鮮ちらし丼(1,550円)、上寿司御膳(2,000円)と全7種類のランチは、小鉢やうどん、茶碗蒸し、サラダ、デザート、コーヒー付きでボリューム満点。夜は定食のほか、予算に応じて宴会も可能で、一品メニューも300円からとリーズナブルです。

 



そば切り まる伍

☎  0575-33-3905 📍 美濃市常磐町2275-1  ⏱ 11:40- ※売切れ次第終了  ㊡ 火(祝日の場合は翌日)

 

【丁寧に石臼で挽いた香り高い手打ちそば】

 

うだつの上がる町並みに魅せられ、移住してきたご夫婦が営む本格蕎麦屋。その時期に一番良い状態の蕎麦の実を取り寄せ、毎朝店内の石臼で丹念に挽いた蕎麦粉がこの店の特徴です。挽きたての蕎麦粉を使って打つ麺は、コシがあり香り豊か。甘過ぎない、少し辛めの絶妙なふくよかな味わいのつゆに打ち立ての麺が絡みます。丁寧な味わいに、遠方から通うお客もいるほど!

 



美ろ久

☎  0575-32-2535 📍 美濃市保木脇700-1  ⏱ 11:00-14:30、16:30-19:00  ㊡ 水・第四木 🔗 WEBサイト

 

【50年近く受け継ぐタレで香ばしく焼き上げた鰻料理】

 

身のやわらかい若い三河一色産の鰻を厳選して仕入れ。鮮度をキープしながら職人が店舗で一匹一匹丁寧にさばき、タレをつけてじっくりと地焼きします。創業から50年近く継ぎ足し続けてきた秘伝のタレは、甘めの濃厚な味わい。注文が入ってから生から焼き上げるようにも徹底し、地焼きならではの香ばしさをまとった、表面はパリッと、中はジューシーな鰻に!うな重は3,600円~。

 



プントミーノ

☎  0575-33-1919 📍 美濃市前野27-6  ⏱  11:00-14:30、18:00-23:00(LO21:00) ㊡ 水 🔗 WEBサイト

 

【季節の地元食材を本格イタリアンに】

 

清流・長良川と山々に囲まれた自然豊かな場所に佇む、テラス席のある一軒家レストラン。季節に応じて仕入れた地元食材を駆使し、素材の旨味を存分に引き出した本格イタリアンに仕上げています。味はもちろん、食感、香りまでこだわっており、魚介類とこごみのサルサベルデ(1,320円)など、シェフの手にかかれば季節の山菜も目にも鮮やかな新しい味わいに!夏前から秋にかけては天然鮎料理もおすすめ。

 



川泉

☎  0575-35-0776 📍 美濃市横越168-1  ⏱ 11:00-14:00  ※ 夜は予約のみ  ㊡ 木

 

【煙の旨味が味わえる炭焼き鰻料理】

 

備長炭でじっくり焼き上げた鰻料理。通常、直接タレの中に鰻をつけて焼くことが多いが、このお店ではお玉でタレをさっとかけることで、余分な脂を切り、豊かな風味は残しつつあっさりとした仕上がりに。ご飯の上に刻んだ鰻をのせたひつまぶし(3,400円)は、まずはそのまま、次は薬味と一緒に、そしてお茶漬け・・・と3通りの味わいを楽しめます。シックな雰囲気の店内から眺められる風情溢れる長良川の景色も魅力。

 



道の駅 美濃にわか茶屋

☎  0575-33-5022 📍 美濃市曽代2007  ⏱ 9:00-18:00 (5月~9月は8:30-19:00) ㊡ 元日 🔗 WEBサイト

 

【思わず立ち寄りたくなる東海圏屈指の道の駅】

 

長良川や美濃の美しい景観に合わせて建てられた、大きな切り妻屋根が印象的な道の駅。防災拠点にもなっている重厚な造りで、長良川上流域の長良川杉を利用した内観の天井組みも圧巻です。レストランでは、パンや茶碗蒸しなど充実したセット内容で380円と、リーズナブルなモーニングセットが人気。毎週金曜日には、地元の野菜農家が丹精込めて育てた新鮮な野菜を広く知ってもらうため、サラダバー&試食会を行っています。

 



燈花

☎  0575-31-0668 📍 美濃市長瀬421  ⏱ 11:30-14:00、17:00-21:00(LO20:30) ㊡ 月(祝日の場合は昼のみ営業)

 

【落ち着く空間で味わう、心のこもった本格洋食】

 

笑顔溢れるご夫婦が営むビストロ『燈火』。有名ホテルで腕を磨いたご主人が奏でる料理は、ドレッシングひとつにも手作りにこだわり、丁寧な仕事ぶりで奥深い味わいを生み出しています。人気の味噌カツやヒレカツはやわらかくジューシー。ランチにつく赤だしは樽ごと取り寄せた味噌を1年ほど熟成し、まろやかな味わいです。心のこもった料理と、木のぬくもりに包まれた心地よい空間につい長居してしまう人が続出。

 



ふらいぱん

☎  0575-35-2808 📍 美濃市生櫛701-3  ⏱ 11:30-15:00(LO 14:00)17:00-21:00(LO 20:00) ㊡ 火   🔗 WEBサイト

 

【クリームコロッケが一番人気の洋食屋さん】

 

一品一品手づくりの味を大切に、バラエティに富んだメニューが揃う洋食や『ふらいぱん』。おすすめは、ゆで卵入りのコクのあるベシャメルソースで、蟹の身と海老の身を崩さずそのまま包んだ、食べ応えのあるクリームコロッケ(セット1,540円/単品990円)。蟹と海老の豊かな風味が楽しめ、この味を求めて通うお客様も多い人気メニューです。落ち着いた雰囲気の店内で、心のこもった料理をゆったりと味わって。

 



スモークハウス 笑わず

☎  0575-33-3696 📍 美濃市極楽寺736-2  ⏱ 平日11:00-14:00・17:00-LO 21:00、土日祝 11:00-15:00・17:00-LO 21:00 ※夜は予約のみ ㊡ 火・第三水 ※事前にお電話で営業日をご確認ください。 🔗 WEBサイト

 

【時間をかけたこその味 煙香る無添加・燻製料理

 

手間ひま惜しまぬ、安心安全なスローフードをテーマに、店主自ら手作りする無添加の燻製料理。機械を一切使わず、塩と胡椒と煙だけで素材本来の旨味を引き出しています。日本人好みの美しい飴色と香りの良さが特徴の桜の木を使用。じっくりと4~5日かけて丁寧に作る、大量生産できない貴重な味です。テイクアウトで人気のスモークチキン(880円~)をはじめ、粗挽きウインナーや砂肝、サバ、豆腐と豊富なラインナップを取り揃えています。

 



旨いもん料理 みのいち

☎  0575-35-3175 📍 美濃市松栄町5-5  ⏱ ランチ11:30-13:30 居酒屋 17:30-23:30(LO22:30)㊡ 月・第一日曜

 

【自家製味噌を使った料理や刺身 地元長良川の天然鮎、地酒などを味わえる店

 

生まれ育った『美濃』市が『一番』好き!という店主の想いを込めて名付けられた『みのいち』。緑や木、大自然をイメージした落ち着いた空間で楽しんでもらえるようにこだわった店内。季節の旬の食材を活かした海鮮料理、野菜料理、オリジナル自家製味噌を使った肉料理(730円)やピザ(880円)、焼きおにぎり(300円)、地元長良川の天然鮎(550円~)、地酒等が味わえるお店。タイミングが合えば、天然の鰻、すっぽん、なまずなどの料理も味わえます。

 



韓〇

☎  0575-33-0159 📍 美濃市本住町1908-1  ⏱ 18:00-22:00 ㊡ 木

 

【伝統の街並みで味わう本場も超える!?韓国料理

 

うだつのあがる街並みで韓国料理を。一つひとつの食材、調味料にこだわることで、本場をも凌駕する味わいを実現。看板メニューは、高麗ニンジンをベースにした薬膳スープで国産の朝びき鶏を煮込むタッカンマリ(ハーフ3,850円)。ほかにもキムチやたくわん、ソーセージ、卵焼きなど7種類の具材を巻き上げた韓国海苔巻き・キンパ(880円・要予約)など、定番の韓国料理が味わえます。